収穫祭|東京建物 Brillia(ブリリア)くらしサイト

Brillia 東京建物
Brilliaくらしサイト

収穫祭

~Brillia 青葉荏田~

Brillia 青葉荏田「ザ・キッチンガーデン」

入居後もエコで健康な暮らしを育んでいただきたい――。
そんな願いを込めて計画された、「Brillia 青葉荏田」の「ザ・キッチンガーデン」。
土に触れ、自然の恵みを直に感じ取っていただける野菜作りは、身近なエコ活動につながると考えています。

天気が良い日には、丹沢山系や富士山も見える――。眺望に恵まれた「Brillia 青葉荏田」(平成22年11月竣工)の屋上には、1区画約3m2の家庭菜園が計8区画あります。この家庭菜園「ザ・キッチンガーデン」のお披露目を兼ねて、平成23年1月、入居者の方が集まって収穫祭が行われました。

この日用意された野菜は、皆様にぜひ味わっていただきたいと、ガーデンのサポート・管理を行う「アグリス成城」のスタッフが育てたもの。ほうれん草、ブロッコリー、はくさい、大根、キャベツ、かぶ、ニンジンなど、畑の中にはたくさんの野菜が元気に並んでいました。

「ザ・キッチンガーデン」は、小田急線「成城学園前」駅西口の広場にある会員制貸菜園「アグリス成城」のスタッフが定期的にサポートします。日当たりの良い屋上にある菜園は、野菜づくりに必要な道具や肥料も用意され、土づくりから栽培までプロのアドバイスを受けながら、初心者の方でも安心して家庭菜園を楽しむことができます。

その日は、まず、参加されたご家族全員での収穫体験です。小さなお子様たちは、生まれて初めての体験に大興奮。収穫した野菜は、その場でサラダと豚汁に調理され試食会へ。青空の下で食べる採れたて野菜の美味しさに、皆さん終始笑顔。
採れたて野菜の美味しさを実感し、しかも、その美味しい体験とうれしい体感は自分の住まいから収穫される。そんなとびきり上等な付加価値は、家族や住民の方同士のコミュニケーションの場としても、さらに発展が期待できます。

子供がこんなに野菜を食べたのは初めて

離乳食から離れて間もないのですが、実は今日はじめて、だいこんを食べてくれました。今までは、だいこんも生野菜も食べてくれなかったのに、本当に美味しいんですね。
こうした子供の素直な反応を見ていると、新鮮で健康な野菜の素晴らしさ、食育の大切さを実感します。生まれて初めて食べてくれた野菜が自宅の中で育ったものなんて、なんだかとても嬉しいです。
〈Iさんご家族〉

野菜不足の食生活を見直したくなりました

二人ともお肉が好きなので、どちらかといえば我が家のメニューは肉食系(笑)。でもこうして採れたての野菜を食べると、「野菜もいいじゃないか!」と実感します。
実家では家庭菜園をしているので、自分たちも普段頻繁に使うネギなどの薬味を育てられたらいいなと思います。やっぱり、土に触れると癒されますよね。
〈Mさんご家族〉

家庭菜園は子育てにも役立ちそう

こちらに入居する前からバルコニーでちょっとしたものを育てていたので、屋上に家庭菜園があることはとても魅力的でした。子供も野菜が大好きなので、広いスペースで野菜が育てられたらいいなと思います。
ブロッコリーやニンジン、トマトやいちごなど、子供が好きな野菜を作ってみたいですね。野菜づくりのプロから直接教えていただけるのも心強いですね。
〈Oさんご家族〉