男の料理教室 〈和食編〉|東京建物 Brillia(ブリリア)くらしサイト

Brillia 東京建物
Brilliaくらしサイト

男の料理教室 〈和食編〉

~東京ガス 料理教室~

10.24 Sat 2015

今回は人気の男性の料理第二弾!
普段の作り方とちょっと違う生姜焼きに皆さんのご感想は?

会場はこちら

東京ガス 横浜ショールーム

みなとみらい駅直結の「MARK IS」の4階にある広々としたクッキングスタジオ。

住所
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらい4F
MENU 豚肉の生姜焼き、ご飯、グリル野菜のゴママヨ和え、なめこの味噌汁

先生のデモンストレーションを真剣に見つめる皆さん!

お一人様参加の方、また父息子の親子でのご参加もあり、男性17名奥様3名の皆さんです。

さあ、エプロンをつけて準備はOKです!

〈グリル野菜のゴママヨ和え〉

アスパラの固い軸はピーラーで皮をはぎます。

野菜と塩水少々をアルミホイルで包み、両面水無しグリルで6分焼きます。
最後に、練りごま、マヨネーズなどで作ったゴママヨドレッシングと和えて完成です。

〈豆腐となめこの味噌汁〉

和食の基本、お出汁の取り方

にぼしの頭と腹わたは苦みの元になるので取ります。
グルタミン酸の旨味成分が出るように水に30分以上浸けてから火にかけます。

煮干しを取り出し、豆腐、ナメコを入れます。

煮立つ直前に火を止め味噌を溶き入れます。

本日のメイン〈豚肉の生姜焼き〉

豚肉は焼いたときに反り返らないよう脂身と赤みの境のスジに細かく包丁で切れ目を入れます。

片栗粉をまぶします。

フライパンで〈温度調節160℃〉で両面を焼きます。

肉汁の残ったフライパンに酒・醤油・砂糖・生姜の合わせ調味料を煮立たせたれを作ります。

美味しい香りに包まれて、さあ、タレにからめて出来上がり!

片栗粉で豚肉の旨味を閉じ込めて柔らかい食感になりました!

男の調理風景

奥様は根気よく温かい目で見守っていらっしゃいました。

美味しそう!ビールで乾杯!

親子(父息子)で参加できてよかったです。

大変おいしくいただきました 調理も難しくなく楽しくできました。

とても良かった 初めて店並みのショウガ焼が作れました。

蒸し野菜を作るのにグリルを使った方法が良かった。男性でも簡単にできますね。

おいしくて楽しくてよかった。