Brillia LIVES -Brillia ひばりが丘-|東京建物 Brillia(ブリリア)くらしサイト

Brillia 東京建物
Brilliaくらしサイト

Brillia ひばりが丘 Tさんご家族

時間をかけて数多くの物件を検討 購入の決め手は住環境のよさ。

マンション購入のきっかけは?

子どもも成長し子ども部屋が必要になってくると考え、住まいの購入を検討するようになりました。4~5年前から資料請求やモデルルームへの訪問を続けていたので、かなりの数の物件を見に行きました。決まった購入期日の設定はありませんでしたが、近年住宅購入に関する税金控除などの優遇措置が設けられたことで、より具体的に考えるようになりました。

どのような住まいを検討しましたか?

初めは庭付きの一戸建て住宅もいいなと思っていましたが、セキュリティや維持管理、気密性や熱効率、予算などを考慮すると、私たちにはマンションの方が向いていると考えるようになりました。そこで、まずは資産価値があると聞いていた都心のタワーマンション、修繕費や管理費が抑えられて共用施設も充実した大規模マンションを検討しました。しかし、妻もタワーマンションへの憧れはあったのですが、自宅で多くの時間を過ごすことを考えると、中・低層マンションの方が落ち着くということで、住環境の良さを第一希望に中規模マンションに絞っていきました。

購入の決め手はなんですか?

以前は東久留米市内の社宅に住んでいたので、「Brilliaひばりが丘」なら娘も転校することなく同じ学校に通えます。駅まで近くなるのに、静かな住環境であることも気に入りました。

大規模物件に比べて共用施設は少ないのですが、子どもが成長するに従って利用が減る施設もありますし、私たちには今の内容で十分だったと思っています。マンションの外観や共用部も自邸の一部だと考えていましたので、街並みに調和した温かみと落ち着きのあるデザインもよかったですね。同時期に販売をしていた駅近くのタワーマンションに比べて天井が高く、設備仕様も充実。ワイドスパンの間取りやインテリアが気に入ったことも購入の決め手になりました。

モデルルームと同タイプの購入で、入居後を具体的に描くことができました。

実際に住んでみていかがですか?

モデルルームと同じ3LDKのタイプを購入したので、各居室の使い方やインテリアを事前に想定しやすかったです。リビング横の和室は洋室にプラン変更し、子ども部屋として使用しています。

ドアを開けておけば南面の彩光が取れて明るく、家事をしながら子どもの様子を見ることができていいですね。押入れはウォークインクロゼットに変更したので、住まいの中で一番大きな収納スペースとして役立っています。
建具やフローリングの材質とカラーは気に入っています。

細かな設備・仕様の使い勝手はいかがですか?

リビングにピクチャーレールが付いているのは便利ですね。キッチンのパントリーは、食料や土鍋など季節の調理用品をスマートに収納できて、とても便利です。購入時に迷ったのですが、やはりオプションでキッチンボードを取り付ければよかったと思います。オプションは申し込み期間が限られているので、入居後に気が付いた部分を改善できるよう、受付工事期間を延ばしていただけると嬉しいですね。主寝室として使用している洋室1のクロゼット上部にL字棚が付いていたら、もっと立体的に使えると思います。洋室2は家族の書斎としてパソコンを設置し、来客時にはゲストルームとして利用しています。家具の配置を考えると、洋室の扉はプラン変更で引き戸にするのもよかったなと思います。

洗濯機がドラム式なので、洗濯機置き場の上にリネン庫や棚が付いていたら、収納が増えてもっと便利だと思います。洗面カウンターの前面が鏡になっているので水跳ねが気になりますが掃除はしやすいです。浴室の広さは気に入っていますが、水アカや石鹸跡が落ちやすい材質だとなおいいですね。地下に設けられたトランクルームには、レジャー用品やスポーツ用品を入れています。入居するまで重要視していませんでしたが、普段使わない物をしまっておけるので、あると便利な設備ですね。

入居後、暮らしに変化はありましたか?

ベランダが広いので、これからはガーデニングも楽しみたいと思っています。娘が一人っ子なので、入居後はペットを飼って賑やかに暮らしたい、という夢も実現しました。駅も近くなって、通勤もたいへん楽になりました。以前は車を使っていた病院や商業施設も徒歩圏内ですから、車を所有しないことで、日々のランニングコストを抑えることができています。今後は「Brilliaひばりが丘」で永く快適な暮らしを築くために、居住者の方たちと話し合いコミュニケーションを図りながら、よりよい住まいにしていきたいと考えています。