Brillia 東京建物
Brilliaくらしサイト

マンションのコミュニティ醸成をサポート

マンションのコミュニティを魅力的にするお手伝い

様々な世代が「愛着」を感じるようなコミュニティ形成に向けた施設改修や居住者サービス等を具現化します。

「住みたい」と思われるソフト面のご提案 ~ 「愛着」提案 居住者参加の魅力的なコミュニティイベントのご提案・協力

居住者の多い大型団地などでは、全体を通した住民間のコミュニケーションが非常に大切です。
当社では、住民のみなさま(地域の住民含む)が気軽に情報交換できるようなコミュニティイベントなどを率先して管理組合様と協力し対応させていただきます。

私たちも集い、憩う場をご提供しています

東京建物アメニティサポートでは、消防訓練や防災訓練、住生活商品をご紹介する「住まいの相談会」などの様々な催しを通じて、マンションにお住まいの方が集い、憩うコミュニケーションの場を提供しています。
さらに、当社管理の他マンションのイベント例も提示しつつ、新たなコミュニティイベントの提案を行っています。

住まいの相談会

毎年定期的に、マンション敷地内で行う「住まいの相談会」は、最新の住宅設備の専門家による相談受付や優待料金による展示販売、不用品の買取、リフォームおよび住みかえに関するご相談、税理士による税務相談などを行っています。

消防訓練

当社では管理組合が行う「自衛消防訓練」の支援を行っております。まずはこのイベントをお住まいの皆様とのコミュニケーションの第一歩として、精一杯ご協力させていただいております。

地域とリンクする、という暮らし方、「タウンマネジメント」

地域とリンクする、という暮らし方。

木陰で本を読む人や元気に走り回る子どもたち。休日の朝、家の近くにある公園に行くと、様々な世代の人がゆったりと時を過ごす姿に出会います。公園は、いわば共有のコミュニティ空間。その場を利用する一人ひとりがルールを守り、場としての心地よさを保っています。
こうした心地よさをマンションの中につくり出し、持続させるにはどうすればよいのか。
そんな問いかけに「タウンマネジメント」という新たな手法で応えているのが昨夏から入居が始まった「Brillia City 横浜磯子」です。タウンマネジメントとは、住民・事業者・地権者が一体となって地域の価値向上のために取り組むこと。同マンションでは、今年から敷地内の施設を利用したカルチャースクールや地域の旬を集めたマルシェ(朝市)の開催といった、近隣住民も参加できる催しの企画・実行を通して地域との良好な関係を形成しつつ、マンションとしてのブランド価値を高めようとしているのです。コミュニティをマンション内だけでなく、地域全体の中で捉えていく。その結果、より風通しのよい人間関係が生まれていく。そこに、これからの日本社会が必要とする地域コミュニティの新たな可能性があるのかもしれません。

「Brillia City 横浜磯子」で毎月開催される「マルシェ(朝市)」。
晴天に恵まれた第1回は地元産の魚や野菜を扱う屋台が出て
近隣住民を含め約2,000名の来場がありました。
「Brillia City 横浜磯子」には、ペットを飼っている居住者同士のつながりを深める
「飼い主の会」もある。
同会は、その活動を通じて、今後さらにコミュニティの輪を広げていく予定。

Manager Interview
大切なのは、フェイス・トゥ・フェイスの関係づくり

管理組合の活動をお手伝いするのが私たち管理会社の役割です。ですから地域の方を交えた催しをマンション内で行うときは、その催しが居住者と地域住民、双方に喜ばれるものであるよう、また騒音やごみで居住者が不快な思いをされないよう細心の注意を払います。そのためにも居住者の方々とは、日頃から目と目を合わせた関係づくりを大切にしています。
「マルシェ」などの取り組みの成果が現れるのはこれからですが、今もこの先も私たち管理スタッフが話しかけやすい存在であることで、居住者同士の交流もおのずと育まれるのではないでしょうか。お叱りの言葉も投書ではなく面と向かって言っていただけるような存在を目指したいと思っております。

東京建物アメニティサポート
「Brillia City 横浜磯子」
管理事務所長 古賀慎一

コミュニティこそ、セキュリティ。

タウンマネジメントが地域コミュニティを形成する新しい手法だとすれば、同じ神奈川県にある築37年の大規模マンション「東建座間ハイツ」の組合活動は居住者が自主的に計画し実施していく好例です。
このマンションでは6つの号棟がそれぞれ管理組合を結成して管理・運営にあたり、さらに全体をひとつの街として維持するための連合管理組合を結成。その中に、建物や付属施設の維持・管理などを行う保全部や、敷地内の美化を推進する環境部などの専門部会を配置しています。また、マンション内で盆踊り大会などの催しを企画・実行する自治会や、60歳以上の居住者同士の親睦を深める「ほのぼの会」などの会も立ち上げ、多彩な活動で住民同士の親睦を図っています。居住者それぞれが持ち場を分担し、皆で心地よい環境を維持していく。そこから育まれたあたたかい人のまなざしこそが、このマンション最大のセキュリティといえるのです。

今年で第35回を数えるという「東建座間ハイツ」の盆踊り大会では、マンションに住む子どもたちによる神輿の担ぎ出しも行われる。綿菓子やヨーヨーなどの屋台を運営するのも、ほとんどは居住者。住民総出の催しが共通体験となり、マンションへの愛着につながっていく。

お問い合わせ

マンション管理に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

株式会社東京建物アメニティサポート
マンション営業推進部

0120-965-300 営業時間 9:00~17:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日・年末年始

営業時間外のお問い合わせはこちら

東京建物グループ「住まい」と「暮らし」の総合窓口 Brillia オーナーズダイヤル 0120-213-250 24時間365日受付

特典やイベント、プレゼントを申し込みされる際、ログインが必要となる場合がございます。
メールアドレス未登録の方、または未入会の方は、下記「新規登録」ボタンより必要事項を入力のうえ、ご登録ください。

東京建物Brilliaオーナーズクラブとは